日文献の闇は、色んな意味で、全く濃い。

自らの基本を表現する業者において、会員の驚嘆や共感を受け取れるという
手が、戦後、近藤達が続けてきた短歌です、ということなのだ。
短歌が実名の文学であり、そこにただ一つの「面持」(他者の面持ではなく、
筆者自らの面持)が思えることが設定です、とされてきたのも、そこに
元祖するだろう。

無論、そんなことを不独自多数の前で積み重ねることは、殊更、時代を
経たこの世、誰にでもとれる結果はないし、時代に応じて因習も変化始める
のだから、人気の芽生える短歌のレシピだって変わってきて当然ある。

だから、ウケをねらうというキモイ手による歓びや、
文学とは分離した狂歌的風刺へと通う作だって、堂々とまかり通る。
当然、ものが言い辛い時代になりつつある今回、そんな中にさりげなく
何かを含ませる、ということもまた、一つの作戦としているのだろうけれど。

それから、座の文芸」です和歌から派生してきた短歌であるから、勿論、
「本歌受け取り」等の技術や遊戯の題材は、高度なテクニックとして許容され受容され
る要因ですが、現代の詩のはじめクラスとしての短歌である限りは、断然
譲れないはじめ線というグッズもあると想う。古くさいかなあ。

企画停電で思い起こしたのだけど、中央アジア等では、企画停電は、
震災時代ではなくても、極普通に日常みたいに行われているのだみたい。
停電を取り分けるのではなく、電気の充填を、エリアごとにはじめ日長時間ずつ
割り振っていると言う。僅少人種の村ぐるみ虐殺も、依然として多いらしいが、
知らせされないので誰も知らないらしき。

12月7日の渋谷駅舎。
前日のプライベート法の強行採決に抗議するデモンストレーション隊とすれ違った。
口コミで評判のシースリーの公式サイトはこちら

歌を探るものの毎日は硝子ばりのミドルの毎日です。

標題になっている歌は、

 春の草原に鏡を置けば古き料金(よ)の馬の脚など思えておらん

と、古代を想う夢的作。

日文献の古代の馬匹因習の登場については、白村江以前の好太王さまの時代に
遡る朝鮮半島の戦乱に協力することが必要とされた故に、馬を牛耳る因習も
また必要とされた、というのが現代の日本古代史上の考え方です。

戦前戦中には、京都学派による把握として、北方騎馬人種の日文献への
侵略が、先ず弥生から古墳時代に大々的にあったとされ、人種スタイルに
加担したとして戦後すごく批判されたのである。

馬因習の日文献への定着の仕方については、現代の自動車因習の定着を
参考に考えるとわかりやすいかな、と想う。

 働けど貧しい瑞穂の国々になり優先催し物の若き爆睡
 卓上に中国歴史図書をはじめ冊置きて冬季あたたかし
 <物言わぬ兵士>にされし馬ありき誰もだれもが必死に生きて
 なぜならば暑くて坂上郎女とわれは沈みぬ黒きソファーへ

今取り上げられていた作の中にも、思い移入を避け、立場をゆるがせ
薄いながら、淡い口調で古代世間への野望を彷彿とさせる作がいくつか
あって、逆鱗ひかれた。
かつて天安門事例をTVを見分ける引き取り手の視点で歌った中川の、<ほど良い>
世間詠は、長い歴史の縦中枢へも向かっているのである。

ところで、昭和23時の書簡だから、これもずいぶんと古臭いものに繋がるが、
近藤芳美は、歌論集 『新しき短歌の法則』(「28 若き歌人達に」) に
おいて、

「ここではウソが言えないと一気に、あるがままの基本以外が語れない。」
「文学としての営為は、驚嘆のどこをどんなに切りとるかということと、
最もそれを普通詩として束ねるだけです。」

と述べている。duoクレンジングバームを買える店舗はココ!

ちょっとだけ、その世界のミドルのみの相聞に通じる面もある。

そして、当時の文学始末について、とにかく中位有力和歌の状況に憂えて要るようなのである。

この時期は、折口信夫が、「日本文学の突発」(1922、大正11)等の文章で古代文学作りに民俗学系統戦略を保存し、一方、和歌や文学の世界でも、様々な努力が活発な旬でもあった。

こういうレポートは、1928年、明治時代に書かれたものである。

だが、それ、よく考えると、実は我らもよくやっている。
そんなに、ちっちゃな世界での同様判読を前提として詠まれる歌。

そして、文体や触れ込みの巧みさが、おかしい、判る、という常識の下に見えるのは、聞き入れる周囲にとってまずは「思い切り聞き取れる」歌ということになるのである。

それが、コラボレート空想のうえにのみ成り立つのが短歌、だから短歌はダメなのだ、という、いわゆる短歌否決論にもつながったのだろうか?
同様判読の上記のみに成り立つのがなぜ貧弱のか。誰が読んでも押さえる歌がとってもよいのか。では大きな世界の中で共通する詩ならよいのか。

今現在の歌について、僕にはよくわからないのだけれど、(少数人の意識を代表する歌も、僻地の歌も、今ではいくらでも探せるのだから。)、せめて日本語で書かれた歌について感じ取る状況、こういう考え方は所要ものであると映るのだ。ABCクリニックの無料カウンセリングはこちら

会では、「上手い」という注記が多かった

中川佐和子さんの歌集 『春の草原に鏡を置けば』 の本読み会に、
参入させていただいた。
世話人は、スワンの会の中川宏子さん。

ベテランの歌人であり、講習の講師も務めて要るアーティストだから、
上手いのは当然ですが、今さらながらに歌がそう評されるのは、
作が信頼できる出来栄えになっているからに以外ならない。

中川の歌には、女性、お子さん、赤ん坊等の引き取り手がぽつぽつと登場し、リーダーは、
極一般的な家族像を通して、様々な驚嘆を共有して出向く。そして、
筆者を多少分かる人々は、歌の背景というグッズも、念頭に置き
ながら、その親密さに合う反響によってはらはらしながら、読み
すすむことになる。

 お父さんの墓に長く屈みて頼り実例しているようです女性らしきなあ
 独力居の女性に日文献は企画の停電の闇割り振って現れる
 女性を続ける懐中ランプ 企画の停電の闇は日文献の闇なり 
 腰痛き旦那と松葉杖のわれ リモコンの系統日々に投げ見合う
 まだお子さんの面持してうなぎ分け前をさげ月を背中に家に帰り来 
 近づけばほのと明るむ電燈のごとき女性居り躑躅咲く持ち家

  
それがきわめて普通のありきたりな日常のパノラマであっても、筆者にとっては、
かけがえのない、日常の一こまであり、歌として定着させて、数値百からの
不独自多数の前に作としてあらわすことは、簡単なようであって実は
断じて容易な結果はない。リクルートナースフルの公式サイトはここ!

今こそ、絵里奈様の使っていた対話戦法を真似する状態が来た。

思い原様の現在抱える産物と言えば……

 ダイアリーと万年筆。

 まずはダイアリーを褒めて、次に万年筆を讃える画策決行!

「あの、そのダイアリー……」

 思い原様が振り向いた。

 開いたダイアリーに万年筆ののちを当てたとおり、私を見ている。

 なんともです。「ダイアリー……」と言ったはいいが、誠に称えるか決めていなかった。

 いかんせん。少なく褒めないと。

 思い原様が、私を見ている。

 怪訝な表情に変わっていく。

 ありゃと……

 『かっこいいですね』は、ありきたり。

 『いかしたダイアリーですね』だと古臭い。

 あぁ、いかんせん。

 絵里奈様、絵里奈様……

 絵里奈様はどうして人様を褒めていたんだっけ。

 あぁ、絵里奈様!!

「モレスキンです」

「は? え……」

 イングリッシュ?

「これはモレスキンと言って、とてもエラいダイアリーです。ヘミングウェイやピカソもこれとおんなじダイアリーを使っていた。逸材たる産物、こういうダイアリーは七つ道具と当てはまる。それから、こっちの万年筆だが、セーラー会社のもので、総計のわりにはずいぶんの優れものだ。ペン職人長原幸夫君が……」

 思い原様は、自己万階級筆のことも喋りだした。

 少年のように活き活きとした表情で、ダイアリーと万年筆を個人作用に持って、小刻みに揺らしながら語っている。

 ぴりぴりとした圧力を漂わせていた、今し方までの思い原様とは別人のようだ。

 そして、会う前に想像していた思い原様とも、外見は丸ごとだけど、結構匂いが違う。

 私が想像していた思い原様は、いつも物思いにふけった表情で静止したまま貫く、まるっきり銅像の感じだった。

 なのに、現在わたしの傍に掛かる思い原様は、動いている。

 表情が変化している。

 アッという間に叱りつける。

「おい、聞いているのか」

「は、ええ。聞いてます。思い原様はモレスキンが大好きなんですよね」リンリンの脱毛効果は?

賢い目で、思い原様がわたしのことを睨みつけた。

「モレスキンの陳述は既に終わった。今は、君が何を飲み込むかがデメリットとされている。セルフサービスなんだから、自分のことは自分でやれ」

 いつのまにやら、私と思い原様が注文する番が来ていたようだ。

 ポロシャツを着てキャップをかぶった父親の店員さんが、私を見ている。

 ……あぁ。

 いつから待たせてしまったんだろう。

 裏側にも人様が並んでいると言うのに。

 店員さんから目をそらし、思い原様の側を見た。

「あの、何を注文したんですか?」

「自分か? 自分はアイスソイラテです。イソフラボンは体躯に相応しい」

「そうなんですか。それなら、私もアイスソイラテを」

 これで人心地。

 今や思い原様に怒られなくてすむ。

 何故か思い原様の、私に対する行動は難しい。

 何か気に障ることでも、してしまったのだろうか。

「それでは、アイスソイラテをおふたつで好ましいですね」

 あ!

「少々待って下さい。私、コーヒーだめ。飲むとムズムズ行うんです。だから、すまんが『ラテ』っていうコーヒーの面を抜いてもらえませんか」

「……」

 店員さんが、微笑のとおり固まってしまった。

 引き続き、しだいに眉間にしわが寄って行く。飽くまで口もとは微笑のとおり。

 全く悩ましげというか、困難を突き付けられた人間の表情です。

 ということは、わたしの発注は困難。

店員さんにも思い原様にも、私情な人と思われたにずれない。

「あのー、貴方さま。ラテを抜きますと……ただの豆乳になります。それでもよろしかったらお作りできますが……」

 思い原様が、般若のような顔で私を見た。

「よし。豆乳をお願いします」

 思い原様はソイラテを、私は豆乳の入ったグラスを持って、二フロアの会合に上がった。

 思い原様が当たり前のように足取りを上がるから着いてきてしまったけれど、意外と禁煙会合でよかったのだろうか。

「たばこ、吸わないんですか」

 思い原様が便所にほど近い角の会合に座ろうとした状態、向かい側の椅子を引きながら訊いた。

「正当です。自分はJTの虜なんかになりたくない」

「ど、虜!?」

 だめだ。

 いけない。

 話題を変えよう。アヤナスの口コミ情報はこちらです

思い原様に連れられ、駅前のカフェに来た。

ここはセルフサービスのお仕事場です。

 わたしたちはジュースを注文する結果、傍らに長い発注カウンターに沿ってはじめ列に並んでいる。

 前には初々しい両人が並んでいる。その前にも両人。

 父親、婦人、父親、婦人、思い原様、私……

 後ろを振り返った。

 真後ろで、フランス書院文庫を読んでいたおじいさんと目が当てはまる。

 慌てて前を向く。

 思い原様は、並び始めてすぐにバッグからダイアリーと万年筆を盗み出し、それから何かもっと書いている。さりげなく覗き込んでみたら、顔になる傍ら髪のすきから、真剣な視線が見えた。その目を見たら、余計に落ち着いていられなくなった。

 『落ち着いてますよ』というさりげなさを装って、卓を見渡す。

 学徒にとっては夏休みの状況だというのに、卓には中高生の特徴は見当たらない。

 それよりも、昼も夕刻も、夏休みだって関係ないお婆さんのほうが多い。

 深層の側に単独、スーツを着たOLらしいオッサンが見えた。タブレットを広げ、手早い指さばきでキーボードを叩いて掛かる。傍らには灰皿。

 よく見ると、他人たちもみなたばこを吸っていた。

 そうか。

 はじめフロアはタバコ会合です。

 どおりで中高校生の特徴が見当たらないわけだ。

 ということは、二フロアが禁煙会合か。

 思い原様は、たばこを吸うだろうか。

 それとも、吸わないのだろうか。

 思い原様に訊いてみたいことは山ほどある。

 それなのに状勢は、これ程近くにいるというのに、たばこを吸うか吸わないかさえ訊け薄い。

 豪邸の前で思い原様に「君のそのトラブルは日射病かもしれない。早急にどっか気持ちいいところで休むんだ」と言われ、わたしたちはここまで歩いて来た。その間チャットをしたのは一度だけ。

 ターミナル方面に向かって歩いている最中、カントリー印象の甘いカフェを見つけた。メンズTBCのひげ脱毛は口コミで評判がいいです

ショップには、イーゼルに立て掛けられた黒板が置かれていた。

チョークでコースとトトロの画が書かれていて……

「愛くるしい! ココ……」

 前をあるく思い原様に声をかけた。

「だめだ。あんなスパイラル仕事場じゃないカフェ、落ち着かなくて君が一層見た目悪くなる」

 思い原様はとき見ただけで、敢然と断った。

 そしてまた、スタスタ歩き回り始めた。

 それ以来、わたしたちはワードを交わしていない。

 『もしも思い原様が目の前に現れたら』という実態を何度も想像してきた。

 思い原様とカフェで向かい合って、ストローでカラカラ氷をかき回しながら、現世詩の話をするゾーン。

 思い原様の住むバラックの一室、和室の座敷でお茶を呑み、羊羹を食べながら詩の書き方を教わるゾーン。

 現在、そのチャンスが訪れている。

 ……にもかかわらず、誠に話しかけていいか、とってもわからない。

 何を話そうか。

 何を……

 はからずも、さっさと濃い陳述をしようと意気込むからいけないのかもしれない。

 一般的に、濃い話をするには、親友とか亭主にならなくてはいけない。

 ……え?

 亭主?

 私が?

 思い原様の?

 亭主?

 だめだ。

 だめだだめだだめだ。

 無理だ無理だ無理だ。

 私が思い原様の亭主に陥るなんて、そんなの無理に決まっている。

 前に並んでいる両人みたく、思い原様と顔を寄せ合って、囁くようにチャットを始めるなんて、私には似合わないし、第はじめ気まずい。顔から火が出る。

 あぁ。想像しただけで、顔が火照ってきた。

 そういう、突拍子も無い発想をするのはやめよう。

 まずは……

 まずは……

 お周辺から始めよう。

 周辺になるには、ライバルの抱えるものを褒めれば素晴らしい。

 小学生の状態、友達の多い絵里奈様は、わたしの持っていた筆箱や、定規を入れていた布袋などを褒めてくれた。

 私だけでなく、他の子の持ち物もぐっすり褒めていた。

 そこから自然とチャットはひろがり、絵里奈様の近くには、いつでも人様と微笑が溢れていた。

 小学生のときは、模倣したくてもうまく真似できなかった。包茎手術をするならまずはここをチェックしましょう

椅子に激しく座り付け足し、思い原様に気付かれないみたい、少なく深呼吸をした。

これから、第二階段に進んでもよろしい頃合ではないか。

 持ち物を褒めた。

 ──思い原様は上機嫌になった。

 豆乳を注文した。

 ──怒られた。

 たばこの陳述をした。

 ──虜の陳述になった。

 えーっと……

 これから詩の陳述を決める。

 隣席のテーブルでは、七十歳くらいの男女が、公民館のウクレレ研修で習った、ウクレレのチューニング戦法について話している。誠に賑やかな風向き。

 はからずも恋が……

 うふふふふッ。

「おい!」

「はい!?」

 思い原様に声をかけられた。

 驚嘆けど、思い原様の側から話しかけてくれるなんてありがたい。

「思い原翼の他に、どんな詩をよむんだ?」

 しかも、詩の陳述を振ってくれた。

「あの、えっと、昔の詩人だと黒田三郎が、好……」

「あー、奴は屑ですな」

 詩の陳述を振られたと思ったら……

 取り除きられた。

「奴の詩なんて、貧乏なライフを単に詩にしただけの、詩とも呼べない屑物塵芥です。状勢を差しかえるど根性の薄い者に、自分は興味がない」

 興味、弱いのかぁ……

 そっか、思い原様は黒田三郎に興味がないのか。

「……」

 豆乳をいっきに半ほど飲んだ。

 高校生のテキストで読んで以降、私は黒田三郎の詩がびいきだった。それに、思い原様の詩は、黒田三郎の詩にちょっと通じると思っていた。

 もし思い原様ではなく、黒田三郎とおんなじ時代に生きていたら、そんなことが頭に浮かぶことがあった。

 その場合、私は思い原様ではなく黒田三郎に……

 きつく魅かれた?

 あるいは同じくらい好きになった?

 ……

 そんなことはありえない!

 あってはいけない!!

 思い原様は、私にとって唯一の特別な陣営です。現代で最高峰凄いんだ。

 現在、目の前に要る思い原様が!

「きちんと黒田三郎がびいきか?」

「いえ! ぜんぜん。まだまだ。……ほとんど読んだこともありません」

「そうか。みたいだろう」

「……よし。あのー」

「です」

「高村光太郎についてはどうして思われますか? ポピュラーだし、必ず、感服したり見習ったり、やるんですか」

「興味がない」

 ……え!?

「自分は智恵子に興味がない」

 ……そんなぁ。

 高村光太郎の、智恵子様への情愛は素敵だと思ってたんだけどなぁ。

 それに、国語の講座で高村光太郎の『ズタボロな駝鳥』を朗読したら、医師に褒められて、それは中学生ライフの取り分け一番良い記念だった。エターナルラビリンスで脱毛するなら

特に高村光太郎が桁外れびいきというわけでもない。

はい、そう、好きじゃない。

 わたしの好きな詩人は、思い原様だけです。

 あんな思い原様の尊敬している詩人は……

「何方ですか?」

「自分が尊敬しているのは」

 思い原様が尊敬しているのは!?

「自分です!」

 ……え? へ?

「少々意味が……」

「自分は、自分を尊敬しておる」

 くらくらした。

 目眩です。

 立っていたら、倒れていたかもしれない。

 だけど、座っていたから確実。

 テーブルの絆を掴み、傍らに傾いた体位を整えた。

 実際の思い原様は、想像していた温和であからさまな思い原様とは異なる。

 自信に満ちあふれ、それを臆せず口に出す人様だった。

 想像していた思い原様とは異なるけど、でも、昨今目の前にある思い原様が、私は……

「好きです!」

「ななななッ、何を言いだすんだ、急に」

 思い原様が、アイスソイラテを口から少し吹いた。

 テーブルに備え付けの用紙ナプキンで、口元を拭っておる。

 いかんせん。思い余って抱腹絶倒ことを言ってしまった。

「あの、違うんです。思い原様が思い原様を尊敬しているように、私も思い原様のことを尊敬している」

 あぁ、二度とだめだ。あたふたして、早口に患う。

「そして、実際お会いできて、三冊の詩集でわかりつくしたと思っていた思い原様のことがまた新たに知れて……」

 ──ずいぶんハッピー。

 私は思い原様のことが、何とか隠れ家です。

 ドンッ!!

 思い原様が、テーブルを掌で叩いた。

「自分は思い原じゃない」

 思い原様の顔を探る。

 眉間にしわが寄って掛かる。

 やけに怒っているみたいだ。

「いいかげん、目を覚ませ。初めから言っているだろ。自分は思い原じゃない。それに奴の出した詩集は三冊ではなく四冊です。追っかけならそのくらいの訳知っておけ」

 四……冊?

 なんの訳?

 思い原様が今まで出した詩集は三冊。いよいよまたバラックの生まれる詩集が……

「あれ? 出たんだっけ」

 わからない。

 わからない。

 知らない知らない知らない。

「豪邸なんて見てないし、あなたは思い原様です」

 ストローで氷の入った豆乳をぐるぐるかき回した。

 こうしていると、分かりたくないことは根こそぎ消えて消え去りそう。

「なくなっちゃえ。消えちゃえ。溶けちゃえ」

 カラカラカラカラカラ。

「おい! それ程氷をかき回すもんじゃない。豆乳が……テーブルじゅうに飛び散っていらっしゃるじゃないか!」

 思い原様が、用紙ナプキンでテーブルを拭いた。

「冷静になって訊くんだ。自分はあまり思い原じゃない」

「ウソだ……」

「嘘じゃない」

「だって思い原様は、あの豪邸から出てきて……思い原様の家は豪邸で……でも思い原様の家は豪邸じゃなくて……バラックで、バラックが、バラックだから……」

「お、落ち着くんだ。先、再びいうが、豆乳をさほどかき回すな。かき回しても味覚は貫くし、氷が溶けてやっぱり薄くなるだけです。それにほら、またテーブルの上に」

 思い原様が、わたしのグラスに手立てを伸ばしかけた。かき回すのを抑制しようとしたのかもしれない。ココマイスターの財布を通販で買う